糖尿病や生活習慣病は京都市左京区の日比野内科医院
HOME>糖尿病

糖尿病

糖尿病
糖尿病のイメージ

糖尿病とはわが国には、糖尿病患者とその予備軍が1620万人いるといわれています(厚生労働省、平成14年度糖尿病実態調査)。
しかし、糖尿病の治療を受けている人は、約228万人しかいません。
糖尿病は放っておくと、さまざまな合併症を引き起こす怖い病気です。
糖尿病はメタボリックシンドロームの危険因子の1つになっており、心血管疾患を起こすリスクが高くなるため、注意が必要です。
糖尿病の診断のもととなる血糖値を健康診断などで確認し、予防のためにも糖尿病のメカニズムを知っておきましょう。
糖尿病の危険性について、牛乳を飲む男性血糖が高くなると、口渇・多飲・多尿や、急にやせる・疲れやすいなどの症状が出てきます。

これらの症状は、血糖をコントロールすると、すぐに治ります。しかし、高血糖が長く続くと、全身のさまざまな血管や神経が侵されて、糖尿病の合併症の症状が現れてきます。
合併症は、一旦悪化させると、なかなか良くならない上に取り返しがつかなくなることが多いので、早く発見して治療し、悪化させないことが重要です。

症状
食事のイメージ

糖尿病はかなり重症にならないと症状が出てきません。
症状がないからといって、は安心はできません。
下記のような症状はございませんか?

  • 水、お茶などを必要以上に飲んでしまう。
  • 食べても食べても、お腹がへる。
  • 食欲が湧かない。
  • 最近、太ってきた。
  • 最近、痩せてきた。
  • トイレの回数や量が多い。
  • 意識が無くなる事がある。
糖尿病の危険性

血糖が高くなると、口渇・多飲・多尿や、急にやせる・疲れやすいなどの症状が出てきます。
これらの症状は、血糖をコントロールすると、すぐに治ります。
しかし、高血糖が長く続くと、全身のさまざまな血管や神経が侵されて、糖尿病の合併症の症状が現れてきます。
合併症は、一旦悪化させると、なかなか良くならない上に取り返しがつかなくなることが多いので、早く発見して治療し、悪化させないことが重要です。

下記のような症状はありませんか?下の項目にいく程、重い症状です。歯そうのうろう 神経痛 手足のしびれ、手足が冷たい 長い距離を歩くと、足が痛くなる 平地を歩いていても、足の裏がジャリ道を歩いているように感じる 皮膚のかゆみ 眼がかすむ(見えにくい)、物が二重に見える おできができやすく、治りにくい 陰部のかゆみが続く 性欲減退 尿がスッキリ出ない、すぐ膀胱炎をおこす 立ちくらみをおこす 胸の締め付けられる感じがある(狭心症)
問い合わせ