糖尿病や生活習慣病は京都市左京区の日比野内科医院
HOME>高脂血症

高脂血症

メタボリックシンドロームの診断基準
メタボリックシンドロームの診断基準のイメージ

お腹周りの計測肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因で様々な病気をひき起こしやすくなった状態をメタボリックシンドロームと言います。

腹囲+2項目

おへその高さの腹囲が、男性85㎝以上、女性90㎝以上であり、かつ血中脂質・血圧・血糖のうち、2項目以上が基準値に当てはまるると、メタボリックシンドロームと診断されます。

腹囲:腹部CT検査では、内臓脂肪の面積100cm2以上のとき、内臓脂肪の蓄積があると判定されます。この値に相当する腹囲が、基準値の男性85cm以上、女性90cm以上です。
腹囲がこの値を超えている場合は、内臓脂肪の過剰な蓄積を疑う必要があります。

血中脂質・血圧・血糖:血圧や血糖の基準値は、単独では軽度の異常ですが、これらも複数併せもつと動脈硬化が急速に進み、心臓病や脳卒中などを発症する危険性が増大します。

予防と対策
食事のイメージ
食生活の改善(食事療法)

食べ過ぎに注意して、バランスの良い食事を心がけましょう。
当院では栄養指導を行っております。

運動習慣を身につける(運動療法)

筋肉が落ちると、基礎代謝が低下して太りやすくなります。
ウォーキングなどの、適度な運動を心がけましょう。
※運動は個人の健康状態にに合わせて適切に行う必要があります。事前にかかりつけ医にご相談ください。

禁煙

喫煙は、動脈硬化性疾患の発症リスクを更に高めてしまいます。
喫煙習慣のある方は、禁煙も併せて行うようにしましょう。

※これらの生活改善を一定期間行っても症状が改善されない場合は、薬による治療(薬物療法)を行います。

問い合わせ